まとめ

今回、風俗のお店に潜入して思ったことは、まったくそういった業界とは縁のない生活を送っている私たちにとって、さぞかし過酷な精神状態で、過酷なお仕事をされているのだろうなと思っていたのをつゆしらず、実際働いている女性たちは、環境を楽しみながら、さらに、高額なお給料をGETしてしたたかと生活しているということ。

中には、心のそこから、エッチなサービスをすることが好きで、これ以上の天職はないと思っているということ。

それだけ、それを求める男性客も多いというのは、同じ男として、悲しい反面、これだけ低迷した日本では、そんな男性が増えてもおかしくないと納得する自分もいる。
日本の男性で既婚の方々は、大抵がお小遣い制だと思うのだが、そのなけなしのお金が、こういった楽しくて、稼げる!なんて思っている女子たちの懐へと流れ込んでいるのである 。
風俗店ももはや戦国時代を迎え、あの手この手で男の欲求を満たそうと努力しては、戦いに敗れて閉店し、そして、また新しいお店ができる。

この永久ループ的な構造は、今後もかわることはないだろう。そうなってくると、男女平等といいつつも、男尊女卑の根っこはそこかしろに見え隠れする社会で、風俗のシゴトだけがあなたの個性や欲求を最大限に生かせる唯一の場所なのかもしれない。

もちろん、どんなこともそうであるように、風俗業界もメリット、デメリットがついになって成り立っているのだが、それでも、その仕事に従事したいというのであれば、一度、体験入店などで試してみるといいだろう。

オススメ!ホームページ制作のスキルがあるなら風俗店サイト制作を仕事にしよう!

風俗店では日々、新店が立ち上がっている。と同時に新店が立ち上がるのと同じくらいのお店が閉店していっている。 無店舗型風俗店(デリヘル店)では、店舗を構える必要がないため、風営法の許可をとれば、いつでも新店を立ち上げることができるのだ。 そのお手軽さから、逆にお店がうまく軌道に乗らなかった場合は、すぐにお店をたたみ、次のお店を立ち上げていくという流れが出来ている。

ここで重要なポイントは、新店が日々立ち上がっているということだ。デリヘル店の新店が立ち上がるということは、当然広告を雑誌や風俗ポータルサイトにうつ必要がある。 広告を打つには、店舗がない為、代わりとなるウェブサイトが必須なのだ。さらにウェブサイトを用意するスピードも要求される。 こういった事情のため、需要に対してWEB制作会社の供給が追い付いていないのが現状だ。

つまり、風俗店のウェブ制作のスキルがあれば、他業種に比べて圧倒的に仕事を受注できる可能性が高いのだ。 ただし、風俗店(デリヘル店)に特化したホームページ制作のスキルが必須となる。

特に注目してほしいポイントをあげよう。 まず、先ほどもあげたポイントだが、風俗店サイトを受注すると、一般業種に比べて驚くほど納期を短く要求される。そのため一からデザインを起こすのではなく、ある程度デザインのストックをすることだ。 デイリーでは、デザインをテンプレート化して即日でウェブサイトを立ち上げることが可能だ。このメリットはかなり大きい。 そして、ただ早いだけではなく、次に重要なのがクオリティーとユーザーにとって見やすいサイトかどうかだ。 デイリーのトップ画像やサイト全体のデザインを見てもらうと、驚くほど高い完成度だ。 そして最後に、価格の安さだ。実はよくあるのが、ウェブサイト自体の制作料は安く設定していても、1ページの追加や、画像1つづつの制作に対して別途料金を取る制作会社がほとんどだ。 これだとすぐにお店が離れてしまう。つまり二度とそんな制作会社は利用しないのだ。 デイリーではそういった追加料金が一切ない、とてもリーズナブルな料金設定となっている。

これらのことを参考に、あなたも是非デリヘル店のホームページ制作の仕事をしてみてはどうだろうか。

お役立ちサイト一覧

Site Title

おしごと三重/若者自立支援

若者自立支援センターによる地域ぐるみの支援となるお手本としてご覧いただけます。
Site Title

人材派遣のJOBリンク北海道・東北

随時、エリアに特化したお仕事が18,000件以上掲載!勤務地や業種から詳しく求人内容をご覧いただけます。
Site Title

ハッピージョブ

女性が安心して働く為のノウハウ、また、それに沿ったお仕事情報が満載。